素材による種類

包丁の素材による種類について

包丁には素材による種類分けがあります。
まずは鋼です。これは非常に硬い素材であり切れ味も抜群というメリットがあります。プロの料理人なども使うのが特徴なのです。家庭用でもよく利用される素材です。価格は高いものも安いものもあり、まちまちなのも特徴です。デメリットといえばさびやすいところにあります。
しかしそのさびも砥石を使うことによってきれいに落とすことができますし、切れ味が悪くなっても研ぐことによって復活します。そしてもう一つよく使われる素材はステンレスです。実際にはステンレスだけでできている包丁は少ないのですが、ステンレスの含有量が多ければさびにくいというメリットがあります。錆びにくいですので腐食するデメリットがありません。デメリットは砥石を使いにくいという点にあります。砥石を使って一度切れ味を回復してもまたすぐに切れなくなるというのがあります。
そしてもう一つよく使われるのはチタンです。これもステンレスと同じように錆びにくいという特性があるのです。頑丈で割れにくいというのもメリットとなります。
そして他にもセラミックの包丁もあります。セラミックの魅力は錆びないところと見た目の美しさにあります。ただ割れやすいのが欠点です。あと包丁で珍しいものといえばプラスチックでできたものもあります。これは子供用の包丁によく使われています。プラスチックですので他の金属などに比べますと切りにくいのですが、子供用の包丁は切りやすさではなく安全性を第一に考えて作られていますのでその点に関しては問題はありません。色も色々とあり、カラフルでかわいらしいのも特徴です。
色々な種類がありますが一番よく使われているのが鋼です。その次にステンレスがよく使われています。

Copyright© 2014 包丁の切れ味と素材について All Rights Reserved.